夢から醒める時に聞こえる音

こんにちは、りんぬです。

さっき、うとうとお昼寝してた時に気づいたんことなんですが…

夢から醒める時に音が聞こえる…!

わかる〜!って方いますかね…笑

なんか、2種類くらいあって

波の引いていくようなざあぁって音と、

超音波みたいなキーンっていう高い音。

で、この夢から醒める時の音みたいなのが素晴らしく再現されている音楽か映画に出会ったことがあったんだよなーなんだっけ〜〜??

って思い出したのがこれでした。

この映画の中で、主人公たちが夢から醒める時にキーンっていう効果音が使われていて、それがすごく印象的だったんですよ。

「ああ、夢から醒める時こんな音するわ〜!」みたいな。

たいていその日の夢なんて見たか見てないかさえも覚えてないことが多いんですが、

今日のはけっこうリアルで最後の方まで夢だと気づかなかったんです。

それでも最後の方で「あ、これ夢だ」って気づいた瞬間ざあぁっとキーンが同時になる感じでしたね。

この感覚はなんなんでしょうね〜〜

イメージするとすれば、夢と現実に境界線があって、その境界線を超える時に聞こえる音のような気がします…





人はレム睡眠の時とノンレム睡眠の時で、夢の見方が違うと言われています。

【レム睡眠時】

・夢の内容がはっきりとしている

・ストーリー性がある

・起床後も内容を覚えている

【ノンレム睡眠時】

・夢の内容が不明瞭

・起床後はほとんど覚えていない

それで、レム睡眠がどういうものであるかというと、覚醒に近い浅い眠りの状態。

深い眠りの状態と言われているノンレム睡眠と比べて、大脳がある程度活動している状態で、

その間に記憶の整理がされているのではないかと考えられています。

みなさんも悪夢を見た時、起きてからも現実との区別がなかなかつかなくてしばらくドキドキしていた…っていう経験ありますよね?

そういうリアルではっきり覚えている夢を見る状態は、レム睡眠の時にカテゴライズされると思います。

ならば、夢から醒める時の音が聞こえるのも、レム睡眠の時なんでしょうね。

記憶を整理してるうちに、脳が誤作動起こした時の音とか…??

夢に関することって、未だに確実である学説がないものが多いので神秘的ですよね。

そんな夢の不思議をめちゃくちゃクリエイティブに描いた映画作品がこちら、「インセプション」。

夢の構造とかの設定を理解するのが難しめである分、何度も観返したくなる作品です。

アクションシーンもかっこいいしね笑

以上、りんぬの長いひとりごとでした!