エセ「実力主義会社」を見極めよう!

こんにちは、りんぬです。

東芝の巨額損失が明らかになった今となっては、「終身雇用」「安定」というワードはもはや現実味を感じられない幻想のようなものになってきていますね…

一方、就活サイトなどでは「実力主義」という謳い文句が勢いを増しています。

年齢や学歴にとらわれず、実力のある人が正当に評価されることのできる企業は、やる気のあふれる就活生の目には理想的・魅力的に映りますよね。

実際、去年までの私も同じく「実力主義評価」に胸を熱くした就活生の一人であったわけなのですが、いざ入社してみると「なんか…思ってたのと違うかも」と思わざるを得なかったのです。

「実力主義」とは言えども、本当に実力だけで評価されているとは限りませんよ!

スタート地点ですでに勝ち組か負け組に

私は東京のIT会社に入社し、客先常駐のプログラマーとして4月から案件に配属されました。

そこではテストなどの比較的簡単な仕事をさせてもらいながら、少しずつではありましたがプログラミングのスキルも身に着けていくことのできる環境でした。

しかし、それはとても運がよかったからこそ。

IT業界、特にアウトソーシング系のプログラマーやSEなどは案件の環境によってスキルの習得度に差が出てしまうことがあります。

もちろん個人や会社の研修などで勉強をすることは前提ですが、1番スキルを習得できるのは実際の現場でプログラミングさせてもらえることなのです。

環境の良し悪しは案件によって差が出てしまうことは、ある程度はしょうがない部分もあります。

そうだとしても、前の会社ではそのような特徴が顕著でした!

ある程度新入社員を教えられる余裕があってしっかりとスキルを習得できる案件に配属される人もいれば、ずっと雑務ばかりやらされる案件、ひどければ炎上している案件にずっと放置状態の人もいました。

案件は自分で好きな場所を選ぶことなんてできず、会社の言われるがままの場所へ行くことしかできませんでしたので、スタート時点から出世コース、そうでないコースが決まってしまうようなものでした…

実力主義と言いつつ、結局は学歴差別!

同期で集まった時などにお話しすると、比較的良い案件に配属されていたり、評価されている人、そうでない人には違いがあることに気が付いたのです。

実際のところ、学歴が良い人ほど恩恵を受けやすい傾向にあったことが分かったのです!!

その会社は、学歴にとらわれずに様々な人材を採用してはいましたが、内定者会、入社式などの立食パーティーなどでは、お偉いさんは見事なまでに高学歴の人たちにしか話しかけないというあからさまな態度…。

それだけではなく、他の同期と比べて明らかにホワイトな案件に配属されやすかったり、数か月と経っていないのに明らかに給料額が違っていたり…

正直、妬ましかったですわ!!笑

だってスタート地点で有利な人と不利な人の差がハンパなさすぎなんですよ…?

このような評価だと選ばれない側の大多数の人たちのモチベーションは上がりにくいですよね。

会社の理念とかけ離れた現実

会社側としては、

「能力の高いものにはそれに相応する報酬を与え、互いに刺激し合いながら高め合っていく」

ことを理念として掲げ、「実力主義」と称した環境、システムづくりを推進していきます。

そのうえで「学歴も実力」という言葉もあるように、

学業で努力をしてきた人は仕事においても良い成果をもたらしてくれるだろうという、

会社側からの期待値も自然と高くなることは避けられない事実です。

大手企業なんかは割と「学歴重要視」ですよね。

当たり前かもしれませんが、それだけの知名度があり、就活生からの人気があるため、会社が選べる立場にあるからこそです。

一方、中小企業だとそうはいかないので、有能な人材を1人でも多く採用させるには企業側が就活生に選んでもらえるようなアピールをしなければいけません。

そのため、「学歴不問」「実力重視」などという謳い文句で幅広く採用の窓口を広げて、1人でも多く採用しようとします。

で、その中で何人か高学歴の人がいれば会社への貢献度が高そうな分、手厚く扱いたくなるのもわかります。

しかし、学歴を実力として含めるのかという点で「就活生ウケ」と「会社側のホンネ」があいまいになっている状態だと、本来理念として掲げていた「実力主義」からはどんどんかけ離れていってしまいます。

新入社員にとって「最初からシナリオが決められた実力主義」になってしまっている会社も多いのです。

エセ実力主義会社を見極めよう!ねらい目は…

例として挙げた、前に勤めていた会社は少々極端だったとは思いますが、他の会社でもおおいにありうる話ですよ!

「エセ実力主義会社」ではない、実力・成果をしっかりと評価してくれる会社はないのでしょうか…

ここで、私のねらい目を申し上げますと…

「中途採用者が多いIT企業」です!!

なぜかと言うと、会社の規模に対してやたら新入社員を大量に採用している会社は、会社を成長させるために多くの人材が必要です。

さらに言うと即戦力や有能な人材が多ければさらに良しです。

ですから先述したような「数打ちゃ当たる」マインドに陥りやすい会社でもあると言えるので、慎重になった方がいいでしょう。

要するに同時期にスタートする人数が多いとどうしても有利不利が出てきやすくなると思うんですよね。

数が多い分評価もしづらいのでわかりやすい「学歴」で見るしかないみたいな。

一方で中途採用者が多いIT企業は、前職で違う分野の仕事をしていて未経験で入社した人もたくさんいるということになります。

そういった人たちが集まった会社であれば、評価基準はもはや「学歴」は関係ないですよね。

中途が多い会社なら、新入社員大量導入会社のように、優秀な人間を良い案件に…などという理不尽な選別の心配もなく、確実にスキルを積むことができます。

IT業界自体がIT技術での経歴や成果を重視する風潮が比較的強く、技術を身に着けさえすればどんどんキャリアアップしていくことができるので、おすすめですよ~

就職・転職の際には、真の意味での実力を評価してくれる会社を見極めましょうね!