ビジネスもダイエットも…「軌道修正力」を鍛えよう!

こんにちは、りんぬです。

みなさん、休日はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、土曜日はず~~~~っとベッドでごろごろしかしていなかったので(でもスマホから2記事更新はしていたというブログへの執念…笑)その反動で今日は素晴らしくアクティブな1日でしたよ!

プログラミング講習→ご褒美ランチ→美容室→お買い物→お洗濯→常備菜作り→ブログ

土曜日にな~~~んにもしなかった分、今日頑張ったのです!

そう、これこそが!

軌道修正力!!!たぶん!笑

今日は軌道修正力の重要性についてお話をしていきますね。

軌道修正力とは…

そもそも「軌道修正」とは…

物事の進むべき方向のずれを正すこと、誤った方向進みつつある状態を本来目指すべき方向へ進むように修正することなどを意味する表現

weblio辞書_実用日本語表現辞典

まず、目標が設定されていることが大前提となりますが、その時の状況に合わせて目標や方法、方向性などを修正していくことを言います。

ですので、現状を分析して随時やり方や方向性を変更、順応させていく力のことを「軌道修正力」と呼ぶことにしましょう。

仕事でもダイエットでも…結果を出すために必要!

例えば、ある仕事を任されていたとします。

業務を進めていくうちに、このままの進捗だと期日内に終わらない可能性が浮上してきました。

どうしよう…。

そうだ、この分野に精通しているAさんに協力してもらえないか相談して、なんとか期日までに終わらせよう。

最初は自分ひとりで進めていく計画をたてて実行していましたが、途中で増員して期日までに達成させるという手段に切り替えた、ということですね。

これも立派な軌道修正力ですよね。

もっとプライベートな例でいうと、ダイエットとか。

ダイエットも数えきれないほどの方法が紹介されているわけですが、人によってどの方法が合っているかは全然違っていたりしますよね。

自分にベストマッチしたダイエット方法が一発でわかって、結果が出ればサイコーですが、

たいていはいろんな方法を試してみたうえで、結果が一番出やすいダイエット方法にその都度切り替えていきますよね。

炭水化物を減らす方法が合わなければ、ジム通いでめちゃめちゃ運動してカロリーを消費する方法にシフトしてみる。

これなんかも軌道修正してますよね。

ちなみに私はグリーンスムージーダイエット派です!

抹茶味のやつがスタバの抹茶フラペチーノ並みに美味しいし、お腹のめぐりが抜群に良くなるので笑

軌道修正力を鍛えよう!

私の考える、軌道修正力がある人の特徴をいくつか挙げてみました。

  • 事前に綿密な目標設定がされている
  • 現状を冷静に分析できる
  • 一時的な結果に一喜一憂しすぎない
  • 変化を恐れない

事前に綿密な目標設定がされている

繰り返しますが、軌道修正は綿密な目標設定がされていることが前提です。

日々目標を意識せずにいると、現状をうまく把握できなくなってしまいますので、気づいた時にはもはや手遅れ…なんてことにもなりかねません。

現状を冷静に分析できる

目標に対して現状がどうであるか、「たぶんギリギリいけるっしょ!」という希望的観測では想定外の事態が起こったときに対応できないかもしれません。

「このままでも大丈夫だが、もっと効率の良い方法を探してもいいかもしれない」など想定外のリスクに備える意味でも、現状と照らし合わせてよりよい方法を模索していく姿勢が大切です。

一時的な結果に一喜一憂しすぎない

これ…なかなか難しいですよね。

結果気になるし、悪ければ落ち込むし…

でも、できる人は結果に落ち込んだとしても、落ち込んだままの状態にとどまる時間が少ないと思うんですよね。

ただ単にメンタルが強いからと言ってしまえばそうかもしれませんが、

悪い結果もあらかじめ想定しておいてメンタル面でのダメージを減らすとか、リスクヘッジしておくとか、そういったメンタルの鍛え方はできると思います。

変化を恐れない

まあ、これは言わずもがな…ですが。

物事には、やり方を変えた方がうまくいくときと、そのまま続けた方がうまくいくときとケースバイケースだし、たいていどっちがいいかなんてわからないことが多いです。

でも決断はなるべく早くしなくてはならない…

方法を変えるにしてもそうでないとしても、「方法を変えるのが怖かったから」というネガティブな理由で決断しないようにしましょう。

軌道修正力を鍛えて、結果を出せる人間になりましょう!!