会社からの理不尽な搾取にもう屈しない!今からできる自分を守る方法3つ

こんにちは、りんぬです。

私がブログを始めた理由は、自分の身を守る術の重要性を伝えたかったからでもあります。

日本では特に「協調性」や「つらいことに耐え抜き最後まで頑張ること」が美学とされ、

学校とかでもずっとそれが良いこととして教わってくるじゃないですか。

でも、社会人になってみると、もちろん「協調性」「最後まで頑張ること」は大切なんですが、

それよりももっと大切にすべきことがあることに気づいたんです。

それが「自分を守る術を身につけること」。

ただの新入社員がエリート幹部を打ち負かした経験

なぜ、自分を守る術の必要性を感じたかというと、

きっかけは、新入社員である私が前の会社の理不尽な幹部を論破したというショッキングな経験をしたことです。

当時私は新卒で入社して半年経ったくらいのぺーぺー。

対して、相手は幹部。学歴も私なんかと比べ物にならないくらい良いところを出てます。

「転職するので会社を辞めます!」と申し出たら幹部に「じゃあ、もう2週間後くらいにはさっさと辞めてね」と言われ、

「なんで退職日をあんたらに決められなきゃいけないんじゃ~~~!!!」というケンカでした。


結果、見事私の大勝利!

まあ、当たり前の結果なんですけどね。幹部(=会社)の主張は、明らかに法に違反していたのでね笑

この経験から、

「会社は私を守ってくれるものではないこと」

「自分の身は自分で守る力を身につけなければならないこと」

を身をもって学んだのです。

自分を守るために今すぐできること

自分の身を守る方法は、「相手を言いくるめる論理的な話術の習得」とかそんなに難しいことをする必要はありません。

なぜなら、それは場当たり的なものでしか通用しないからです。

イメージ的にはリスクヘッジのために知っておくべきことを知る、というような感じですね。

法を知っておく

法律、と言っても範囲がハンパなく広いので、すべて熟知するというのは弁護士さんくらいしかできないですよね。

ですので、私たちが本っっ当に必要最低限知っておく必要があるのは、労働にまつわる法なんです!

「法なんか知らなくても、ちゃんとした会社に入って働いていれば大丈夫だよ」

と思う方もいるかもしれません。

しかしですね。

騙されたと思ってよ~~~~く法を調べてみてください。

いかに私たち労働者が法で手厚く守られているか、

そして、会社の上司から「これくらいは当たり前のことだから我慢しろ。それが社会人というものだ。」と言われてきたことが実は法に違反していたかということがわかりますよ!

労働者の我慢によって成り立ち、都合の悪いことは「常識」という言葉で思考を停止させる。

そんな組織がまかり通っているのが、残念ながら現状なのです。

だから、自分の身を守るためにまずは法を知って、ウザいくらいに自分の正当性をアピールしなければ損してしまう。

けっこうシビアな世界なんですよ!

稼ぎ方を知っておく

今は本当にいろんな稼ぎ方がありますよね。

ブログとか動画とかもその一つ。

自分でやってみなきゃ絶対に知らなかったです!

普通に受験→就活→就職の流れに乗ってなんとなく生きていると、「稼ぐ=給料」しか知る方法がないんですよね。

でも、それに甘んじていると、会社からどんな理不尽なことを要求されても、我慢するしか選択肢のない人生を歩むことになってしまいます。

だって、お金が貰えなくなったら生きていけなくなってしまいますものね。

若い時はまだ我慢できるんですよ。

生活苦しかったら食費減らして〜っていう無茶なこともできますし。

しかし、歳を重ねて守るべき人ができた時などに、自分1人だけの人生ではない分、大きな決断がしにくくなってしまいますよね。

その時に、これまで会社にどっぷり依存してきた人と、稼ぐ能力を持った人とでは、埋めようのない差ができてしまいます。

稼ぎ方を知っている人は選択肢がどんどん広がり、

一方、知らない人はどんどん逃げられない状況へと追いやられてしまうのです。

どんな時も味方でいてくれる人を見つけておく

これが一番重要かもしれません!

何かを決断したり、行動に移したりするのは、他でもないあなたにしかできないことです。

ですが、周囲にいる誰もがあなたのやろうとしていることに対して反対する人ばかりであれば、非常に孤独で苦しい思いをすることになります。

なにより自信無くしちゃいますよね。

よく言われていることですが、人に何かを相談する時は、たいてい自分の中で既に答えが出ていて、背中を押してもらいたい時なんです。

快く背中を押してくれる人が1人でもいるという事実は、

「自分は間違ってない」「このまま進んでいいんだ」という自信と、とてつもないパワーを与えてくれるのです。

親でも兄妹でも恋人でも友人でも職場の人でもtwitterのフォロワーでも

誰でも構いません!!

自分に味方してくれる人を見つけましょう!

そして、そのために

この人に味方したい!と思えるような人になりましょう!

 

「常識」を自分で見極める力=我が身を助ける術

会社などの組織は、労働者の給料=生きていくために必要なものを供給する強い権力を持った立場にいるため、

労働者をコントロールしやすい立場でもあります。

その際に「これくらい当たり前だから我慢して」「これが常識だから」という言葉を使って思考を停止させ、

何かあるごとに「評価に響くよ?」と言って給料という弱みをちらつかせてコントロールしやすくします。

そこで、「偉い人が言ってるんだからそういうものなんだろう…」

「みんなそうやって我慢してるから自分も我慢しなきゃ」

と従ってしまえば会社の思うツボです。

ですが、法の知識や稼ぐ手段を知っていればそのような脅しに転がされることもなくなりますよね。

そして、信頼できる人を味方につけて、自分の「常識」を確固たるものにしていく。

「自分の身を守る術」というのは、「常識」を見極める力をつけることとイコールなのです、

というお話でした。