【会社辞めたい人必見!】転職活動の最も効率的な進め方

こんにちは、りんぬです。

転職をしようと決めて、行動に移そうとしている方!

よくぞ決意しました!素晴らしいです!

しかし…

「転職って何から手をつければいいのかわからない!」

という方がほとんどだと思います。

で、今までこれといったスキルや資格を持ってない人、または第二新卒の人

「まずは資格勉強しなきゃ!」

「とりあえず転職で戦えるスキルを身に付けてからにしよう…」

と考える人も多いのではないでしょうか?

たしかにその不安な気持ち、わかります…

でもそれちょっと遠回りしてますよ!

ムダに歳とることが転職できる可能性を狭める

転職は30歳を超えたあたりから厳しくなってくる、と言われていますが

社会人になったら意外と30歳までそんなに時間的余裕ないですよ!

だから「とりあえず3年」とかはもちろん、「とりあえずなんか資格取ってから転職」なんかやってたら

ムダに歳とって転職できる可能性狭めるだけ!!!

まだどんな仕事をしたいかも定かではないうちに、8時間以上労働した体にムチ打って、限りある自由時間を犠牲にしてTOEICの勉強できる自信、

本当にありますか?

勉強やらなくなる

→資格・スキル依然としてなし

→「私ってなんてダメな人間なんだ…」と自信をなくす

→「辞めるのも、辞めるために勉強するのもめんどくせ。」

→ずるずる会社を辞められなくなっていく…

転職活動の方法を間違えただけで、このような最悪ループに陥ってしまう可能性があるのです。

転職活動のスマートな進め方

転職活動は正しい始め方をすれば、びっくりするくらいとんとん拍子で進んじゃいます。

ただでさえ時間のない社会人は、転職活動も極限までスマートに進めるべきです。

順番は、ズバリこれ↓

転職サイトに登録して情報収集&自分の市場価値を把握

転職エージェントや企業とコンタクトを図り、客観的な視点から求められている人材を知る

③収集した情報から今の自分に足りていないスキルや資格の取得を目指す

これがムダのない転職活動の流れです。

詳しく説明していきましょう。

①転職サイトに登録

まずはじめにやることは、すぐさま転職サイトに登録!

なんでかっていうと、まず最初の最初にやらなきゃいけないことは、

自分の市場価値を把握することだからなんです!

「でも私、何もスキル持ってないし…」

と思うかもしれません。

本当にそうでしょうか?

第二新卒枠がどんどん増えていっている今の時代、若さも武器になっているんですよ?!

「自分に転職活動をする権利がない」と決めつけずに、まずは自分の強みを探すことから始めましょう!

取り急ぎ登録しておくべきなのが、リクナビ

引用:リクナビNEXT

登録するだけで、グッドポイント診断が受けられるのはもうご存知ですよね?!

18種類ある中からあなたの5つの「強み」を診断してくれる超優秀ツール!

しかもその診断結果は8568種類もあるとか…。

ちなみに私の強みはこれ!

・親密性

・柔軟性

・感受性

・冷静沈着

・独創性

「感受性」は豊かな方だと認識してましたが、「柔軟性」があるのは意外だったしなんか嬉しいですね〜笑

質の高い自己分析がたった30分で完了できちゃいます。

わざわざ転職関連の本買って自己分析する労力!時間!お金!ムダです!

②転職エージェントや企業とのコンタクトを図る

サイトである程度情報を集めて、自分の市場価値がなんとなくわかってきたら、転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントとは、完全無料で転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

完全無料でどこまでやってくれるのかというと…

・キャリア相談

・求人の紹介

・面接のセッティング

・履歴書添削や面接練習

・給与の交渉

もはや全て面倒見てくれる勢いなんですよ笑

このような超効率的なサービス使わないで転職活動するとか、余程の自信家か暇人くらいです。

リクルートエージェントパソナキャリアは取り扱い求人も多くて、サービスも手厚いので登録必須です。

取り扱い求人が多い、ということはより多くの企業を紹介してくれて、より多くの企業と接点がもてるということ。

さらに面接のセッティングも行ってくれるので、

気になる企業に一社ずつはじめましてからメールを書いて面接を取り付ける

という労力+精神的負担が大幅に軽減されますね。

特にパソナキャリアは、内定が決まった後の入社日調整や転職に伴う退職日交渉のフォローをしてくれるという

痒いところに手が届く、細やかなサービス内容となっています!

③スキルや資格の取得

はい!勉強を始めていいのはココからですよ!

エージェントとの面談や企業とのコンタクトから得られた情報を基に、

企業が求めている人材今の自分の能力

とのギャップが本当に必要なスキルです。

スキルや資格の勉強は、転職活動を始めてからでも遅くはありません。

いえ、むしろ転職活動で得た生の企業のニーズを仕入れてこそ本当に必要な勉強だと言えるのです!

だから、教師や医者、弁護士など必ず資格を必要とする職種を目指す場合はともかく、たいていの場合、③のスキルや資格の取得は②と同時並行か、場合によっては②が終わってからでも大丈夫です。

ちなみに、ITエンジニアを目指す場合も企業面接前にスキルを学習する必要がありますが、

どの言語を学べば単価とニーズの高いエンジニアになれるかを見極めるには、やはり最低でも転職エージェントに相談してからの方が良いでしょう。

ITエンジニアを目指す方向けの効率的な勉強法はこちら。

転職はスピード感が命!

転職活動を経験して思ったのが、エージェントも企業の採用担当もめちゃくちゃスピード感ありすぎてびっくり!

面接はいつ!退職日はいつ!入社日はいつ!なんて、それはもうジェットコースターのような速さで決断していかなければいけません。

でも、それがビジネスの時間の流れなんです。

スピード感を持って転職活動をするということは、より多くの企業と接点をもてて、より多くのPDCAを回せるということです!

だからこそ、ムダを極限まで減らしてスマートに転職を成功させちゃってくださいね!