【「美女と野獣」レビュー】ディズニー史上最高のミュージカル映画だった!

こんにちは、りんぬです。

観てきましたよ…

美女と野獣!!!

画像出典:美女と野獣 公式サイト

小さい頃、一番好きなディズニープリンセスはベルだったし、

何よりあの、ハリーポッターシリーズのエマ・ワトソン主演ですから観る前の期待値がこれまでになく高かったんですよ!

結論から申し上げましょう。

めちゃくちゃよかった!!!

これ以上ないくらい期待度が高くて、「もしこれ面白くなかったら落胆もハンパないんだろーなー」と内心びくびくで観に行きましたが、

期待を遥かに超えてきましたよ!

見てください、この鑑賞直後のツイートの語彙力の無さ!笑

エマ・ワトソン

もう、何はともあれエマ・ワトソン!

画像出典:美女と野獣 公式サイト

エマ・ワトソンが綺麗すぎてもうそれだけで眼福!な映画です。

ディズニープリンセスって、ファンが多いしこだわりというかイメージが人それぞれ確立されちゃってる部分があると思うので、女優さんには、本っっっ当に高いレベルの容姿、演技力、歌唱力が求められますよね。

さらに、エマは「ハリーポッター」シリーズで子役の頃からあまりにも有名になりすぎて、「ハーマイオニーのイメージが抜けきらない」人の方が私を含めて多いはず。

エマ・ワトソンには、多大なるプレッシャーがのし掛かっていただろうと思います。

ですがね。

ルックスはもちろんのこと、期待以上の演技力・歌唱力に驚かされました。

もはや彼女は「ハーマイオニー」ではありませんでした。

エマ・ワトソンと言ったら「ベル」!

彼女の代表作ですこれは!

豪華なキャスト陣

キャストが大物揃いなんですよ!!!

主役のエマ・ワトソンはもちろん、あの名作に出ていた超大物俳優が盛りだくさん過ぎてめまいするくらい!笑

ポット夫人は、エマと同じく「ハリーポッター」シリーズでトレローニ先生として活躍していたエマ・トンプソン

トレローニ先生、インパクト強すぎるからあんまりピンと来ないですが…笑

画像出典:美女と野獣 公式サイト

悪役のガストンは、「ホビット」シリーズで弓の達人、バルドを演じていたルーク・エヴァンス

「え、この人歌こんなに上手かったの?!」とびっくりさせられました。

画像出典:美女と野獣 公式サイト

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで魔法使い、ガンダルフを演じていたイアン・マッケランがまさかの時計役(コグスワース)で登場!!

登場した瞬間スタンディングオベーションしそうになるくらい興奮ものでした笑

画像出典:美女と野獣 公式サイト

そして、「スターウォーズ」ファン必見!

オビ=ワン演じるユアン・マクレガーが燭台(ルミエール)役を見事に演じきってます!!

あのオビ=ワンが歌ってるんですよ!しかもダンディーかつチャーミングに!!!

画像出典:美女と野獣 公式サイト

これだけの大物がそろってて、もっとすごいことに、それぞれがお飾りではなくハイクオリティな歌を披露しているんですよね。

これはすごいわ…

ちなみに彼。アナ雪のオラフの人ですよ!

画像出典:美女と野獣 公式サイト

ハイクオリティな歌・音楽

ディズニー映画の実写版で、ここまでミュージカル色強いのって今までにないと思うんですが、ミュージカル映画好きの私としては、ディズニー映画史上最高の映画ですね!

「レ・ミゼラブル」ファンだったらきっと好きになってもらえるんじゃないかと。
朝の歌とか、ガストンを褒めたたえまくってる歌とか、民衆が野獣を倒しに行く歌とかいろんな場面に歌があるんですが、それぞれキャッチーでありながらも一本の映画としてまとまりがあるのがすごい。

アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌が軸となって、いろんなテイストで音楽が構成されてるのがわかります。

映画観終わった後、主題歌が頭でループするくらい耳に残りましたね笑

ディズニーリゾート行ったかのような気分になる演出

この映画観たら、「あ~~!ディズニーリゾート行きたい!!!」病にかかる人続出するでしょうね。

特に、ルミエールが歌ってる「Be Our Guest」のシーン。

一番見ごたえある場面でしたし、「これぞ、ディズニーの世界観!」って感じでしたね。

ディズニーシー行ったことある人はわかると思うんですけど、夜のパレードみたいなドリーミー感!

あ~~ディズニーシー行きたい…

映画館で観るべき映画

この映画、映像的にも音楽的にも絶対に映画館で観ることをオススメします!

私は「美女と野獣は3Dで観るまでもないな」と思って普通に2Dで観ましたが、オオカミに襲われるシーンとか城が崩れていくシーンはアクション映画並みの見応えがあったし、

やはりルミエールの歌のシーンでディズニー感を満喫したい方は3Dで観た方が満足度高いかもしれませんね。

後、やっぱり音楽・歌が素晴らしいので、最大限に楽しめるのは映画館しかないですね。

ぜひ、上映されているうちに映画館へ観に行ってみてくださいね!